bondavi の

作ったもの

少しは人の役に立てるようになったアプリ

No. 1 習慣化アプリ

三日坊主を克服するアプリ

継続する技術

そう遠くない昔、一人の凡人がいました。
凡人は「なんかクリエイティブで楽しそう」という浅はかな理由で、広告会社に入社します。
そこで与えられた仕事は「データ分析」。

それが何かは分かりませんでしたが、仕事の名前がカッコよかったので、凡人は喜びました。

No. 1 集中アプリ

集中力を高めるアプリ

集中

会社を辞め、アプリ開発ベンチャーを立ち上げた頃のことです。
凡人は悩んでいました。

「放っておけば、確実に自分は堕落してしまう。せっかく立ち上げた会社も潰れてしまう」

本や映画、好きなものを記録するアプリ

記録

世の中のあらゆる物事を、
・大事なもの = なくなったら死んでしまうもの
・大事じゃないもの = なくても死にはしないもの
に、とにかく分類するおじさんがいるとする。

親しみを込めて、「死ぬ死なないおじさん」と呼ぼう。

続き

当然ながら彼は、本を読むことも、映画を観ることも、後者に分類する。

死ぬ死なないおじさんは、理解できない。
後者に分類されるものを、何故そこまで大切にするのかを。

食費を削ってまでも古本屋に足を運び続けるとか、
安定した暮らしを手放してでも映画を撮るのだとか、
そういった人間の気持ちが、彼には理解できない。

もう一人、似たようなおじさんがいる。
彼は世の中のあらゆる物事を、
・大事なもの = なくなったら心が死んでしまうもの
・大事じゃないもの = なくても心が死にはしないもの
に分類する。

親しみを込めて、「心死ぬ死なないおじさん」と呼ぼう。

彼は、本を読むことも、映画を観ることも、前者に分類する。

心死ぬ死なないおじさんは、理解できない。
前者に分類されるものを、何故ないがしろにできるのかを。

ある本の一節がいつもの景色を一変させてしまうあの瞬間なしで、
クライマックスに言葉を失って映画館を出た後のあの感覚なしで、
どうやって生きていくのかを、彼には理解できない。

しかし、どちらのおじさんも大人である。
二人とも、「まあ、そういう人もいるんだな」と思っている。

(この文章は以前、App Store の説明文欄に掲載しておりましたが、「読んでもアプリの内容が全くわからない」 という問題により、本ページに追いやられました)

Download from app store

今後に期待の発展途上アプリ

眠りをよくするアプリ

睡眠

「よく眠れるようになるアプリ」というものが、これまでの難題だとは思わなかった。
しかし、着実にアップデートを重ねて、少しずつ近づいている感がある。

日々、試行錯誤する日記アプリ

試行錯誤

「野菜さえ食えば俺の人生は完璧だ」などと考えて、野菜ばっかり食べて、「いや、野菜だけでは足りん」と自分の経験をもって軌道修正する。
そういう試行錯誤を後押しするアプリにしたい。

アプリ以外のもの

辞書が作りたい

bondavi事典

あまり役には立たないけれど、少しだけ楽しい事典。

”bondavi事典”

プログラミングアート (のようなもの)

愛と社会の関係

あまり注目されなかったが、なかなか面白い試みだったと思っている。

ユーザーコミュニティ

bondavi Users

試験運用中です。

bondavi Users